ぷえきの日記

職業・編集者/趣味・競馬/中央重賞予想メイン/まじめな競馬ブログ/競馬本編集が目標

2020・秋華賞・予想

■予想

◎⑯パラスアテナ

〇⑬デアリングタクト

▲⑤ウインマイティー

△⑫マジックキャッスル

×⑪フィオリキアリ

買い目:馬連⑬-⑯¥200 ワイド⑯-⑬¥500 ⑯-⑤、⑪、⑫¥100

 

■理由

本命はパラスアテナ。ラジオNIKKEI杯・紫苑Sともに展開不向きの中で掲示板→馬券内と堅実に走っている馬。特に紫苑SはL3F→L4Fが12.0→11.8と早まったところでの動き出しで、かなり負荷が大きかったと思われる。それを長く脚を使って2着に残しているのだから、スロー展開で前残ったマルターズディオサよりも上に取ってみたい。主戦の武騎手が(トラブルで乗れなかった)凱旋門遠征のために乗れないのは残念だが、その分オッズも落ち着いている印象は〇。若手有望株の坂井瑠星Jへの乗り替り、GⅠでの実績はない同騎手だが、馬の力を信頼しての好騎乗を期待したい。デアリングタクトより前のポジションで、仕掛けを焦りすぎなければ。

相手筆頭は三冠がかかるデアリングタクト。最初はデアリングタクト絡みの馬券はやめて、対抗馬たちのワイドで馬券を構成しようとしてたんですが、パラスアテナが相手であれば連が30倍、ワイド10倍とそこそこつくので素直に相手に含めました。これまで経験したことない、スローが予想される展開がどうなるかですね。とはいえ末脚の性能がこのメンバーでは1枚抜けているので、トラブルなければ馬券内には飛び込んでくるとは思いますが…。松山騎手とのコンビは個人的には好きなコンビなので、頑張ってほしいところです。

◎ー〇の連とワイドが本線ですが、◎と人気薄とのワイドをボーナス? 保険?的に購入。

まずはウインマイティー。こちらは人気サイドですが、紫苑Sは出遅れから外回しで、パラスアテナと同様に早まったラップの区間で脚を使うなかなか厳しい競馬。オークスは展開利・好騎乗があったと思い評価は下げていたのですが、紫苑Sを見て再評価しました。やや内目の枠がどう出るか。

続いてマジックキャッスル。どろんこ馬場になった桜花賞以外は牝馬王道路線を堅実に走っている馬。10番人気はやや舐められすぎな印象。デアリングタクトがロンスパ的に仕掛ける展開になれば、最後方の本馬が飛び込んでくる形も見える。

最後にフィオリキアリ。ローズSは内枠が仇となって全く動けず見せ場なく終了。力が足りるか微妙なところではあるが、外目の枠替わりで見直せてもよいか。

 

仕事なのでレースをリアルタイムで見られるかは微妙ですが、好レースを期待したいですね。当たりますように!